メインイメージ

安かろう悪かろうは売れない

リサイクルショップやホームセンターなどで、とても安い棚などが置いてあることがありますが、安い物はデザインが古臭かったり、強度がなくて使い勝手が悪いことがあり、なかなか売れないことがあります。例え安いとしても、そういった欠点が目立ってしまってはなかなか買おうとは思えないものです。「使いづらいけど安いからそこは我慢して」といった空気が出ている商品と言うのは魅力がないものです。 当然ながら魅力的な商品の一つは、安かろう悪かろうといったイメージを吹き飛ばす良さを持ったアイテムとなります。例えば安いインテリアでもデザインがなかなかおしゃれで、値段を見て思ったよりも随分安くて掘り出し物だと感じることがあります。このように、インテリアと言うものは実用性だけでなく、オシャレさも重要なポイントだと言えます。かわいい猫足だったり、丸みを帯びたデザインなど、ちょっとした部分でも人の心を掴むインパクトがあれば、安かろう悪かろうのイメージは払しょくできるものです。