メインイメージ

中古の家具は響きが

中古の家具を購入する理由は人それぞれです。単に安く購入したいという人もいれば、アンティークに興味があり経年変化でこなれた風合いを好む人もいます。好みは人それぞれですが、良い中古の家具を選ぶなら、木の響きを確認するのも良い方法です。 中古の家具の中には、木材が経年変化で枯れてしっかりと引き締まり、良い風合いを出しているものもあります。そして木材の彼具合は、叩くことで確認できるのです。叩いたときに出る音の響きが澄んで通る音が出る様であれば、木材がちょうどよく枯れ、良い状態になっている証拠です。また、そのようなものは少なく、非常に価値の高いものです。中古だからと言って侮ってはいけません。木材を大切に的確に使って作られているためで、このような物は長い間使っても飽きが来ず、また部屋に置いた際の存在感も非常に良いものがあります。このような良いものはなかなか手に入らないものです。木材の良さは、このような経年変化でその質感が磨かれ、素晴らしいものになることです。