メインイメージ

ヴィンテージ家具と言えば

ヴィンテージ家具と言えば、一般的に年代物の家具のことを指します。 ヴィンテージという言葉は、古いけれど良いもの、という意味でも使われます。 ヴィンテージと聞いて、真っ先にワインが思い浮かぶ人は多いかもしれません。Vinはフランス語でワインという意味です。ヴィンテージとは、ワインの生産年数を示す言葉であると同時に、年月とともに熟成して味わいを深める様子を指している言葉でもあります。 古いものにはなんとも言えない味わいがあり、その味わいを愛する人たちの間ではヴィンテージ家具は種類を問わず大変な人気があります。 ヴィンテージ品には様々なものがあります。椅子、テーブル、箪笥、ベッド、といった大型の家具もあれば、間接照明器具、ランプ、写真フレーム、食器、アクセサリー類のような小さなものまで色々です。 一般的に、古いものや使い古したものには中古品のようなイメージがあるかもしれませんが、現在ではあまり流通されていない貴重な素材を使ったものであるとか、名工が作ったものであるといった場合には、家一軒分ほどの値段がつく場合もあります。それがたとえ古ぼけた椅子にしか見えないといった場合であっても、人によっては非常に価値の高いものであったりします。 そういったヴィンテージ品は、民家の蔵の奥や屋根裏などに眠っている場合があります。保存状態によっては経年劣化がすすみ、価値が下がってしまっている場合もありますが、修復可能な場合もあります。 遠い昔に新品として存在していたときには歴史的な価値がなかったとしても、現在はみられない珍しいデザインであったり、死後に名を馳せた名工が作った作品だったりすると現在での価値はぐんと上がります。 ヴィンテージ品をインテリアの中に取り入れると、雰囲気ががらっと変わりなんともいえないお洒落な空間を演出してくれることがあります。 部屋の中に何か一つポイントを作りたいという場合にも活躍してくれます。

中古の家具は響きが

中古の家具を購入する理由は人それぞれです。単に安く購入したいという人もいれば、アンティークに興味があり経年変化でこなれた風合いを好む人も  ~ 続く・・・